忍者ブログ

浪漫的如夢

の表情が厳しく


「わたしはかよわい女なのよ」イスレナは泣き叫んだ。「あの恐ろしい声で吠えかけられたら、わたし死んでしまうわ」
「弱音を吐くのはおやめなさい、イスレナ」メレルは厳しい口調で言った。「そもそもあなたの 臆病な心が、チェレクをのっぴきならないところまで追いつめたのよ。グロデグが声を荒らげれば、いつだってかれの要求をのんできたんPretty Renew雅蘭じゃありませんか。たかだか大きな声が恐ろしいだけで。あなたは子供なの? 大きな声がそんなに恐ろしいのかしら」
「まあ、なんて身のほど知らずなことを」イスレナ王妃はかっとなった。「わたしは王妃なのよ」
「それなら王妃らしくなさい! 恐れおののく愚かな召使いの小娘のようなふるまいはやめることね。背骨が鉄でできているみたいに、背筋をぴんと伸ばして玉座に座るのよ。頬をつねるといいわ。まるで寝台のシーツのようにまっ白よ」メレルなった。「よくお聞きなさい。もしあなたが弱みを見せるようなことがあったら、ただちにトーヴィクに、この場でグロデグを槍で突くように命じますからね」
「そんな無茶な!」イスレナは息をのんだ。「僧侶を殺すことなんてできやしないわ」
「かれは普通の人間よ。他の男たちと同じにね」メレルはきっぱりとした口調で言った。「槍で腹を突けば死ぬわ」
「アンヘグだってそんなことはしないでしょう」
「わたしはアンヘグじゃありませんからね」
「あなたなんか呪われればいいんだわ」
「呪いなんて怖くないわ」
 はば広いきっ先の槍を、こともなげに片方の巨大な手に握ったトーヴィクが謁見の間に入ってきた。「やっこさんが来ましたよ」
「まあ、どうしましょう」イスレナは震えあがった。
「おやめなさい!」メレルが叱りつけるように言った。
 グロデグは猛り狂ったようすでつかつかと謁見の間に入ってきた。白いローブはあわてて着こんだようによれよれで、白髪も髭もぼさぼさだった。「わたしは王妃さまと内密に話をしたい!」かれは大声でどなりながら、イグサの敷かれた床の上を近づいてきた。
「それは王妃さまの判断なさることであって、あなたの権限ではないはずですよ」メレルがひややかにたしなめM 字額た。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R