忍者ブログ

浪漫的如夢

海ではなにも

 世界中の船室というものがほとんどそうであるように、クレスカ船長の船室も天井が低く、黒ずんだ梁《はり》が頭上を走っていた。家具はボルトで床に留められ、梁からさがったオイル・ランプが、〈東の海〉からの白波に揺れる錨をおろした船の動きにつれて、ゆらゆらと揺れていた。ガリオンは海が好きだった。深い海には静寂と、解放感があった。陸にいると、人ごみが気になることばかりをささやきかけてきて、その中を自分がつぎつぎとせっかちに移動しているような気がする。だが、のにも邪魔されずにひとりで考える時間があった。それに辛抱強く寄せてはかえす波も、ゆるやかな空の動きも、思考を長く深くさせてくれる故此嬰兒宜在出生後接種口服輪狀病毒疫苗。現時口服輪狀病毒疫苗可分為3劑及2劑 兩種,父母應提早關注嬰兒疫苗接種事項。
 一行の夕食は質素だった。心のこもった豆のスープと厚切りの味わい豊かな黒パン、それだけだ。かれらは食事がすむと簡素なテーブルを囲んでベンチに腰かけ、雑談しながら船長の到着を待った。船長は船の安全を確認しだいやってくる約束になっていた。
 だいぶ成長した子狼がセ・ネドラのそばのテーブルの下に寝そべっていた。わざとらしい懇願の色を目に浮かべている。セ・ネドラはだれも見ていないと判断すると、狼にちょっぴり食べ物をわけてやった。なんといっても、狼というのは抜け目がない。
「波が荒くなっているようだな」ザカーズが首をかしげて珊瑚礁の岩に砕けるやかましい波音に耳をすました。「上陸するのはやっかいなことになりそうだ」
「それはどうかな」ベルガラスが言った目前尚未有可以救治該病的藥物,但是對於該病卻可以提前預防,輪狀病毒口服疫苗不用打針,只需口服即可。「この嵐はおそらく地球ができあがった日から発生することを義務づけられていたのだ。わしらの邪魔をすることはなかろう」
「ちょいと運命論づいているんじゃないのか、ベルガラス?」ベルディンが言った。「それもいささか自信過剰の運命論だぜ」
「わしはそうは思わん。ふたつの予言はこの対決を起こさねばならんのだ。時のはじまりのころより、予言はこの場所を念頭においていたのだ。ここにいる予定である者の到着を、ふたつの予言が妨害させるわけがない」
「じゃ、なんだってこんな嵐を引き起こしてるんだよ?」
「この嵐はわしらの――あるいはザンドラマスの――足をひっぱるために意図されたものではないのだ」
「じゃなにが目的なんだ許多父母聽見要為新生BB打針或接種疫苗便顯得非常擔心,但其實嬰兒疫苗技術成熟,在合適時機為寶寶接種疫苗確能加強他們身體的防禦能力。」
「おそらく遠ざけておきたい連中がほか
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R